ジンバブエのビットコイン:車を輸入し、家族にお金を送る


ジンバブエの若いビットコイン経営者は、COVID-19のパンデミック中に故郷に戻ったとき、車の輸入と送金の支払いなど、ビットコインとビジネスを構築しました。

ジンバブエのビットコイン:車を輸入し、家族にお金を送る

ビットコイン(BTC)は、自由と経済的エンパワーメントのためのツールです。 ジンバブエの若者、オビディにとって、COVID-19パンデミックの始まりに母国に戻ったとき、それは彼の人生を変えました。

米国に住んでいる間にビットコインを初めて知った起業家であるOvidyは、それ以来、ビットコインを中核とするビジネスを構築してきました。 下のオヴィディ(中央)は、ビットコイン旅人パコ(左)と一緒に描かれています。

Ovidyはビットコインを使用して車を輸入します。 「BMWを輸入するのが本当に好きです」と彼はコインテレグラフに語り、ケニアや海外の友人の家族へのピアツーピア送金を可能にしました。 要するに、ビットコインは彼を未来に希望を持たせます。

オビディはコインテレグラフに、2017年のブルラン中に「約1万ドルだったときにビットコインに出くわした」と語った。 しかし、彼は「私はそれについて何の知識も持っていなかったので」投資しませんでした。

「いつの日かビットコインて500ドルもらえると思っていました。翌日、あなたは1,000ドルを持っていて、それはどんどん上がっていきます。

彼はこの期間にいくつかのサットを積み重ねましたが、分散型デジタル通貨を把握するまでに、BitPayを使用してAmazonで服の支払いを行うなど、ビットコインをいじくり回す数年の学習と小さな実験が必要でした。 しかし、それは単なる趣味や経験に過ぎず、すぐに忘れ去られました。

2020年のCOVID-19パンデミックの暗い始まりにジャンプし、オビディは米国からジンバブエに戻ることを余儀なくされました。 不幸な出来事のねじれの中で:

「ジンバブエに戻ったとき、私は何もすることができませんでした。 仕事がなかったので、外国為替(外国為替)取引を検討しました。

外国為替口座は彼にいくつかのビットコインを入金するように頼み、オヴィディは彼が「古いコインベース口座にビットコイン」を持っていたことを思い出しました。彼はチェックし、2017年と2018年に購入した500ドルは2,000ドル以上の価値がありました。

ユーレカの瞬間、オヴィディはすぐに支払いと投資のためにビットコインを活用できることに気付きました。 彼は仕事、そしてもっと重要なことに、自分自身のために給料を作り出すことができました。 Ovidy E-Wallet転送ハブが誕生しました。

オビディの送金事業のチラシ。 出典:フェイスブック

彼は人脈を活用し、日本からの自動車の輸入を促進し始めました。 BMWからトヨタ、既製のホンダまで、ジンバブエの顧客からドルをもらって、日本の自動車販売店にビットコインを送っている。 数週間後、車が到着します。 彼は次のように説明しています。

「日本にドルを送るのは、銀行を通すしかないので、私には不可能です。 ビットコインで5,000ドルをもらったら、ほぼ瞬時にビットコインを日本に送り、すでに現金をここに持っていて、取引が確認されています。 ビットコインはより速く、より安全なプロセスです。

このプロセスには2週間以上かかり、銀行を通じて行われた場合、高額の手数料がかかると彼は付け加えた。

関連記事:「 我々は自分たちのお金が気に入らない」:アフリカにおけるCFAとビットコインの物語

オヴィディは車の販売に少額の手数料を払い、稼いだドルを、送金を逆に使う送金サービスとビットコイン収めている。 ジンバブエではドルが不足しているため、オビディは「ジンバブエ全土の家族」やケニアや海外の友人の家族からビットコインを受け取り、その見返りに車にかけたドルを送ります。

オヴィディが最近輸入した車のうち2台は、すべてビットコインで支払われた。 ソース: オビディ

オビディ氏はコインテレグラフに対し、ジンバブエでのビットコインの採用は増えているが、平凡な航海ではないと語った。 多くの人々は「本当にビットコインを信頼していない」し、教育格差は大きい。

「当初、投資するほとんどの人は詐欺に遭うため、人々はビットコインを高く評価していませんでした。 私でさえ、私がビットコインについて学んでいたとき、私は500ドルを詐欺されました! 説得力のある「投資会社」が私にお金を要求しましたが、私は気づいていませんでした。

彼は、ビットコインの養子縁組について、特に古い世代にとって最もトリッキーな部分は、それが具体的ではないということです。 彼の友人であるウィリアム・チュイは、「ビットコインから得た資金を使ってビットコインの家」を建て、「ビットコインがあれば実際に経済的に自由になれることを人々に証明する証」として建てました。

オビディの相棒ウィリアム・チュイによって建てられたビットコインハウス。 ソース: オビディ

ハイパーインフレを経験している国では教育が依然としてハードルですが、彼は希望を持っています。 「私たちは小さなことから始め、今から10年から15年後には、若い世代がビットコインを高く評価していることを考えると、ジンバブエではかなりの数の人々がビットコインを採用するでしょう。

 Выберите валюту

 Внесите депозит

 Получите нужные монеты

お問い合わせ